メイドインジャパン

日本は、技術大国と呼ばれている。それほど日本の技術力は素晴らしいものだ。日本は紙を開発していない、車も開発していない。その他世界に名だたる有名なものはあまり開発されていない。ほとんどが外国で発明されているものだ。
しかし、それでも日本は技術大国と呼ばれている。それはなぜか。それはそれら発明品をさらにより良い物に仕立て上げていくからだ。最も、そんな日本も昔は粗悪品ばかりを作っていたが、それでも時代が進むに連れて日本は外国よりも優れた製品を作れるようになってきた。
とある映画に、タイムマシンを使って過去の世界へ行く映画があり、そこのセリフで主人公が「良いものはみんな日本製」と言っていたのに対し、博士がいぶかしがっていたのはこのようなジェネレーションギャップがあったからである。

日本の技術力の高さの秘密に、部品加工の素晴らしさがある。金型や、エストラマーの部品加工。これらは日本では徹底して作られており、成功でなおかつ高品質なものが作られているからだ。機械も確かにすごいかもしれないが、日本の技術の信頼性はこういった部品加工が根底にあるからだといえる。

ところで、エストラマーとはなにかご存知だろうか。エストラマーとはゴムのようなものであり、ゴムとはまた違った物質だ。当記事ではこのエストラマーについても説明していく。これも金型で形を作ることが可能だ。

金型、部品加工。これらはあまり一般的にはどれほどすごいのかというのが知られていない。しかし、一度知ると金型や部品加工というものは、極めて重要な要素だというのがわかる。

外部リンク

金型のアルミ加工情報|水谷製作所

Calendar
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031